ミノキシジルは危険!?

発毛を促進する作用があるということで注目を浴びている薬、ミノキシジル。

元々ミノキシジルは、血管拡張効果のある高血圧の飲み薬としてアメリカで広く利用されていましたが、服用をすると副作用として体毛が濃くなる「多毛症」が多く発症することから、育毛剤の効能があるのではないかということで研究開発が進み、薄毛改善薬として有用されるようになったのです。

しかし、ミノキシジルは医薬なので当然副作用があります。副作用で一番多いのは「頭皮のかゆみ」と言われており、さらには頭皮の炎症や湿疹などの皮膚炎を引き起こす可能性もあるとのこと。

その他の副作用として眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどの症状も出る可能性があります。

ミノキシジルの配合が多ければ多いほど副作用が起こる確率が高くのなるので、効果があるからといって乱用するのは適切ではないようです。

副作用に懸念がある場合は、医薬部外品の育毛剤のほうがお勧めです。きちんと選べばしっかりと効果が現れる育毛剤も存在します。女性専用の育毛剤、マイナチュレの評価についてはココ