大量飲酒は薄毛を加速させる!?

関東では桜がほぼ満開になり春本番となりました。そうなると「花見で一杯」といきたくなりますね。昼間の桜でも夜桜でも酒を飲みながら愛でることが出来るのは今の時期だけ。ついついお酒もすすんでしまいます。

しかし、育毛に悩んでいる方にとってはお酒は大敵ということ、ご存知でしたか?

お酒を飲むと、アルコールを分解するために肝臓が活発に活動を始めます。その際にシステインやメチオニンなどのアミノ酸がエネルギーとして消費されるのですが、このシステインやメチオニンこそ髪を作る素となるアミノ酸なのです。適度なアルコールならともかく、大量のアルコールを体内に入れるとシステイン・メチオニンが優先的に大量に消費されることになり、髪にまで行き渡らなくなるのです。よって髪の生え具合が乏しくなり薄毛の原因になるのです。

「酒は百薬の長」と言われています。適量であれば体にいい影響を与えますが、過度な飲酒は体と髪の毛に大きなダメージを受けるので注意が必要です。

せっかく育毛剤を使用していても効果は期待できません。マイナチュレの効果についてはこちらから。